お知らせ | 北九州を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

お知らせ

下肢・体幹支持性向上、座位バランス向上の為の側臥位コンディショニング(骨盤・股関節の柔軟性向上)

2019.04.18

 
 

少しずつ頸部の筋が活性化し、座位バランスの姿勢が安定してきたK様。
 
今までは、座位になると5分程度で頸部が不安定となり、リクライニング車椅子に座るかベッドに横になっていました。
 
現在では、15~20分程度頸部は安定して保持できるため、少しずつ座位をとる時間も増えてきました!
 
今日は、座位になる前の側臥位でのリハビリをご紹介します。
 
側臥位は、上になっている側(今日は左側)の肩関節周囲や胸郭(肋骨)、骨盤の施術を行いやすい肢位です。
また、股関節を伸展方向に動かす際にも適しています。
 
K様は、体幹の筋力低下により骨盤が後傾位になりやすく(円背・猫背のような姿勢)、座位では骨盤の動きを誘導しにくいため、
側臥位で体幹の筋力向上を図った後、骨盤・股関節の柔軟性向上を図りました。
 
背臥位(仰向け)から座位のリハビリに移行した日と比べ、座位での骨盤後傾が改善されており、座位も安定していました。
 
これからは、立位での練習や歩行練習も積極的に取り入れていきたいと思います。
 
一緒に頑張りましょう!

お悩み別メニュー

  • 痛みがある
  • 足があがらない
  • 立てない
  • 痛みがある
  • 腕・手が動かない
  • すぐ転ぶ
  • 痺れがある
  • 飲み込みが悪い
  • 言葉が出ない
  • スポーツに活かしたい

疾患別メニュー

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • くも膜下出血
  • 小脳疾患
  • 頭部外傷・脳挫傷
  • パーキンソン病
  • その他

リハビリステーションCore北九州の改善へのこだわりを有料体験プログラムで実感して下さい。

  • 093-482-4451 受付時間:月~金 9:00~18:00
  • 体験のお申し込み
  • 無料カウンセリング