脳梗塞 | 北九州を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

脳梗塞

脳梗塞

脳梗塞とは

脳梗塞とは脳の中の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血液の循環が極度に低下することにより、脳組織が酸素不足・栄養不足の状態となり、その部位の脳組織が壊死してしまう病気です。

 

壊死した部分により、片麻痺・失語症・構音障害・嚥下障害・意識障害・高次脳機能障害(失行・失認等)といった後遺症が出てきます。
脳梗塞、脳卒中など多くの病名が混同されがちですが、脳梗塞は脳卒中の一部です。
脳卒中は、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血に分類されます。

 

さらに、脳梗塞は①アテローム血栓性脳梗塞 ②ラクナ梗塞 ③心原性脳塞栓症に分かれます。
脳卒中全体の、約4分の3が脳梗塞と言われています。

 

①アテローム血栓性脳梗塞

脳梗塞のうち、動脈硬化が原因で発症するものです。

 

首から脳に通じる頸動脈や頭蓋内の比較的太い動脈の硬化(アテローム硬化)が原因となって生じる脳梗塞です。
欧米人に多い対タイプと言われていますが、近年は日本人にも増えています。

 

アテローム硬化とは、血管の中でコレステロールがおかゆが固まったようになっていることから粥状効果(じゅくじょうこうか)とも言われます。
アテロームができると血管が狭くなり、そこに血栓ができて詰まったり、その血栓がはがれて流れ出し、その先で詰まったりすることで起こるタイプの脳梗塞です。

 

動脈硬化を発症・進展させる高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が主な原因となります。

 

②ラクナ梗塞

脳の細い血管が詰まって起こる脳梗塞です。

 

脳に入った太い血管は、次第に細い血管へと枝分かれしていきます。
この細かい血管が狭くなり、詰まるのがラクナ梗塞です。

 

日本人に最も多いタイプの脳梗塞で、主に高血圧によって起こります。
ラクナは“小さなつぼみ”という意味です。

 

③心原性脳塞栓症

脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞です。

 

心臓にできた血栓が血流に乗って脳まで運ばれ、脳の太い血管を詰まらせるものです。

 

原因として最も多いのは、不整脈の1つである心房細動です。
読売巨人軍の長嶋茂雄氏も、このタイプの脳梗塞です。

 

このように、脳梗塞は生活習慣病が主因となっています。
その生活習慣病は、高血圧・高脂血症・糖尿病です。

 

高血圧症

血圧とは、心臓から送り出される血液が血管の壁を押す力のことです。

 

この圧力が高すぎる状態を高血圧症といいます。

高血圧症は、血圧が高い状態が継続し、血管の壁のストレスが常に生じている状態です。

 

この病気の最も重要なことは、血管の壁へのストレスにより次第に壁が厚く硬くなり、壁の内側が狭くなって動脈硬化につながり、血液が流れにくくなることで細胞へ充分な栄養が行き届かなくなるため、全身の臓器障害につながってしまうことです。

 

高脂血症(脂質異常症)

脂質異常症は血液中の中性脂肪(トリグリセライド)やLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が基準より高い、
またはHDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が基準より低い状態のことをいいます。以前は高脂血症と呼ばれていました。

 

糖尿病

血液中の糖が慢性的に多い状態となり、血糖値が高くなる病気です。
血糖値を下げる唯一のホルモンであるインスリンの作用不足によって起こります。

 

糖尿病は、生活習慣病の1つです。

 

多くの場合、食生活や運動不足、肥満などにより発症します。

 

糖尿病を治療せずに放置すると、心筋梗塞や脳梗塞、3大合併症と言われる糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害(糖尿病性ニューロパチー)にかかるリスクが高まります。

 

TIA(一過性脳虚血発作)とは

脳梗塞発症時、前兆症状がある事があります。

 

前兆症状は、他人から見ても比較的気づきやすい事が多いです。
以下は、代表的な前兆症状です。

 

  • ■急に言葉が出なくなる
  • ■ろれつが回らなくなる
  • ■顔の片側がゆがむ
  • ■口元がしびれる
  • ■片側の手足に力が入らない
  • ■片側の手足がしびれる、感覚が分かりにくい
  • ■視野の半分が見えなくなる

 

ここに挙げた症状は、“一過性脳虚血発作(TIA)”と言われます。
脳梗塞を発症された方の20~30%にTIAが見られると言われています。

 

TIAを放っておくと、3か月以内に4~20%のひとが脳梗塞を発症し、その半数は48時間以内に起こるとも言われています。

 

上記の前兆症状が見られた場合は、早急に病院を受診することが必要です。

 

脳梗塞の再発率

脳梗塞の再発率をご存知でしょうか。

 

1年以内は10%、5年以内では34.1%、10年以内では約50%もの人が再発しているというデータがあります。
初回と同じ脳の部位で発症するケースも稀にありますが、ほとんどは別の部位で発症します。

 

そのため、再発により後遺症の程度が重くなる可能性が高くなります。

 

メタボリックシンドロームと脳梗塞のリスクについて

メタボリックシンドロームは脳梗塞のリスクを高めます。

 

男性で3.4倍、女性で2.2倍上昇させる事が明らかになっています。

 

脳梗塞を発症しないために、また再発しないためには、薬による治療等を継続するほかに、食生活の見直しや運動の習慣化による生活習慣の改善が必要となります。

お悩み別メニュー

  • 痛みがある
  • 足があがらない
  • 立てない
  • 痛みがある
  • 腕・手が動かない
  • すぐ転ぶ
  • 痺れがある
  • 飲み込みが悪い
  • 言葉が出ない
  • スポーツに活かしたい

疾患別メニュー

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • くも膜下出血
  • 小脳疾患
  • 頭部外傷・脳挫傷
  • パーキンソン病
  • その他

リハビリステーションCore北九州の改善へのこだわりを有料体験プログラムで実感して下さい。

  • 093-482-4451 受付時間:月~金 9:00~18:00
  • 体験のお申し込み
  • 無料カウンセリング